切削加工で日日是好日

30歳から始める自分磨きblog

今までの漫然とした自分を変えるため、自分磨きの題材を記事にしていきます。ダイエット、ガネーシャの課題を実践しています。

ガネーシャの課題6「まっすぐ帰宅する」

f:id:machinecc:20210523202932p:plain

©水野敬也 夢をかなえるゾウ 文響社

ガネーシャの課題実践 始めてみました。

課題6「まっすぐ帰宅する」

会社帰りにまっすぐ帰りなさいってことですね。

これは、会社が終わった後の自由な時間は成功するための「自由に使える一番貴重な時間」だということです。

自分は仕事場まで車で片道1時間ちょいなので、朝6時半に出発して帰りは寄り道しなければおおむね7時ということが多いです。

もともと車通勤なので飲みにいくことはほとんどなかったですが、仕事帰りにコンビニや、本屋、漫画喫茶に行くのを意識して辞めてみました。 

感想

寄り道しないのはもちろんなのですが、とにかく家に早く帰るということを意識をして無駄な残業をしないようにもしてみました。

早く家に帰ってくるとこんなに時間ってあったのかぁと驚きました。

単純に早く帰ってきたことで時間は増えたことよりも、
家に帰って来て、食事と風呂を終えたあとの時間を
「自由に使える一番貴重な時間」と意識できたことが一番大きい変化だと思います。

前まではだらだらテレビを見たり、スマホを触ってそろそろ寝るかーという1日だったのが、認識を変えるだけでこんなにモチベーションが上がるのかと驚きです。

 

印象に残った文

「自分の周囲に『反応』しとるだけなんや。親から言われて勉強して、みんながやるから受験して、みんなが就職するから就職して、とにかく反応して、反応して、反応し続けて一生終えるんや。
そんなんで自分の人生手に入れられるわけないやんか。自分の人生手に入れとる奴らはな、全部自分で考えて計画立てて、その計画通りになるように自分から世界に働き替えていくんや。」

なんていい言葉だろう(-_-;)

親からあれやれこうしろと言われて「反応」し、そのまんま来たせいで、社会に出て苦労し、社会に出ても上司からの命令で仕事に「反応」するだけ。

それで余暇時間はスマホ触ってyoutubeやゲームやって1日を終える。

これでは成功できるわけないですね…。

時間の使い方をこれからは意識して過ごしていきます。

またひとつ勉強になりました。